7/25/2015

デビルマン

デビルマンの作者である永井豪はこう話す。

人間と悪魔の地球争奪戦。
軍事力=悪魔の力
反戦の漫画でもあるかもしれない。
地球壊滅までいってしまうのが今の戦争かもしれない。
40年たった今絵空事ではなくなった。

2025年のデビルマンの連載が開始されたという。
読んでみたいと思った。
そういえば政治家で漫画が大好きな人がいたはずである。
今こそ、デビルマンを読み直し、そして新たな連載も読み始めてほしいと思った。
そして国の主に訴えてくれないだろうか。
考え直そうと。


よしもとばななのキッチンを読み直そうと本棚を探したが見当たらないので、
目の前にあったばななブレイクを読むことにした。

この本にはいつも必ず読むページがある。
アイルトン・セナの言葉である。
「すべての人々が幸せになればいいと思っている。言葉にすると単純だけど、願うことはそれしかないよ。ブラジル人も日本人も中国人もアフリカの人々も、誰だって幸せを願っている。僕たちが生きてきたこの時代の中で。世界は急速に成熟し、世界の国々は、もはやそれぞれが切り離された個別の存在ではなくなった。誰が何をしようとそれは必ず誰かに影響を及ぼす。全ての人がひとつに結びついているんだ。個人の喜びや楽しみももちろん大事だが、それは他の人の悲しみや苦しみの上には決して成り立たない。そのことに僕らは少しづつ気づき始めた。それぞれの距離が近づき、切っても切れない関係だからこそ、どちらかの一方だけの幸せが成立することなど有り得ないなんだよ。だからこの先、個人として、あるいは企業とか国家とかの集団として、何をしていくにしても、自分たちの望みとか都合では考えてはいけない。自分がそうであるように、人は誰でも幸せでありたんだからね。人には、食べることとと人間らしい生活の場と、健康と良心が必要だ。そのうちどれがひとつが欠けても、人間らしさは保てなくなる。気持ちが荒っぽくなって、悪いことをし始める。戦争だってなんだって、悲劇の原因は全てそこにあるんだ、人には人が必要で、人には人の愛が絶対に必要なんだよ。」

相棒と舞台を観にいった。
芙蓉部隊の話である。
やはり争いからは何もうまれないのである。
平和でありたい。







0 件のコメント: