5/22/2015

人の笑顔がもたらすもの。

いつも不機嫌そうにしている人がいる。
無意識なのかもしれない。
とても嫌なことがあるのかもしれない。
けれども不機嫌そうなその顔は、
その人を重たい空気でまとっている。
そういう空気は伝染する。

先天性難聴の人が入院してきた。
夫婦で先天性難聴である。
夫婦の会話は豊かな表情と手話。
その光景はとても素敵なものである。
微笑ましいという言葉がぴたりとはまる。

入院当初は怯えているかのように険しい表情であった。
耳はほとんど聞こえず口唇で読み取ることも難しいよう。
常に笑顔で大きな声ではっきりと口を動かしジェスチャーを取り入れて、
そして伝えたい気持ちを表情にこめて彼と会話をした。

彼の表情はどんどんと和らぎ、
いつしか彼は他の患者さんとも仲良くなっていた。

いつもいつも笑顔で、
その笑顔に皆が癒しをもらった。


言葉はとても素敵なものである。
しかし、時として言葉は人を悲しみに陥らせる道具となる。

彼をみていると考えてしまう。
言葉はそんなに重要なものではないのかもしれないと。
言葉がなくともそこに優しい羽衣をまとったその人がいるだけで、
周囲を温かく包み込む。夫婦は言葉ではなくその表情や雰囲気で、
皆を優しい気持ちにさせる。

重度の難聴であることは、
私たちが想像できない位の試練をもたらしてきたのだと思う。
そういう試練が夫婦からはひとつも感じられないのだ。

言葉とはなんだろう?
人の笑顔がもたらすものは?

笑顔は伝染する。
いつも笑顔でありたいと夫婦をみて改めて思った。







0 件のコメント: