4/28/2015

よしもとばなな 人生のこつあれこれ2012

人の死はいつも突然な気がする。
この仕事をしているとその思いは強くなる。
昨日まで笑顔で話をしていた人が突然いなくなる。
患者と看護師という関係性であり、
共有する時間も人生の期間で考えると、
見えない位の点でしかない。
それでもやっぱり、
悲しくて仕方ない。
苦しんで苦しんで、
夜中に辛いと訴えていたのに、
それを緩和することもできず、
旅立った。

今日の夜勤は3人の患者さんを見送った。
3人の人生があり、
そしてその人に関わる沢山の人がいて、
皆悲しんでいる。

人はいつか死ぬとわかっていて、
医療にも限界があるとわかっていて、
それでも、
やっぱりあの時の顔が浮かんできては、
悲しくて悲しくて、
この仕事は喜びより悲しみが多い仕事であると
思ってしまうのだ。

人生の重要な時期に関わっているんだということを
しっかりと思い働かなくてはいけないと思いながらも、
今日は悲しみしかでてこない。

友人から戻ってきた本をそのまま机に放っていた。
よしもとばななの「人生のこつあれこれ2012」

この本に助けてもらおうと思う。
この悲しみを受け入れるために。

0 件のコメント: