11/09/2014

ある年のCambodiaの旅  Ⅱ

 お腹が空いたので、宿の近所を散歩することにした。
通りすがりの屋台に、3人でなんとなく気に入ったので 入った。
旅での五感は日常とは違い、とても研ぎ澄まされている気がする。
そう、ここでの食事はとても美味しかったのである。
名前もない屋台、場所もなんとなく、今また行きたいと思ってたどり着くかはわからないが、
美味しかった記憶と屋台の雰囲気は今も鮮明に残っている。



 ビールに合う美味しいお肉に大興奮。  お酒大好きな3人で、大騒ぎをしながらの食事。

旅の興奮とこの気候、そして友人との時間はビールが進む。


0 件のコメント: