3/17/2014

個人を集団はどうしてそこまで追いつめていくのか。

     世の中には膨大の情報が溢れている。その中で沢山のことが真実とかけ離れたところに存在するのではないかと思うことがある。パソコンや携帯電話が身近になかった時代はそんなに昔のことではない。それなのに、自分の生活の中で家の鍵やお金と並ぶ必需品となっていることを、時々恐怖に思うことがる。  最近世間を賑わしているニュースをみて悲しくなることがある。 個人を集団はどうしてそこまで追いつめていくのか。 その疑問が頭を過る。そして立ち止まる。そして悲しくなる。 その人の裏にある真実などわからないのに推測だけで話を進めていき、そしてそれは独り歩きをしていきやがて全てが真実であるかのように扱われる。そして、その不確かなことに非難を投げつける。 それが不確かであるかなんてもうどうでもいいのだろう。非難している人はきっとその人のこともその人の背景も、そもそもその問題となっていることの核の部分とされることも、なにひとつ理解していないのだろう。だからこそ、気軽に非難をすることができるだろう。  その人の昔のエピソードまで持ち出す。そして非難する。 人は生きて行く中で成長する。失敗をしたことがない人間なんているのだろうか。他人に迷惑をかけないで生きてきた人間なんているのだろうか。いろんな経験をして反省をして人は成長をしていく。過去の間違いは今のその人の形成に重要なものであったのだ。皆、そう思い自己の失敗を嘆きつつも前進していく。 成長過程で起きたことを非難するなんて、安易にするものではないのだ。    個人を集団で追い込む怖さは人の心の奥深くに沈んでいる黒い人とイコールなのだろう。奥深くに沈んでいるにはそれなりの理由があるのだ。 気軽にその奥深くに沈んでいるくろいひとを起こしてはいけない。   友人の子供達が仲良く足を組み笑顔でいられ続ける世の中であってほしいと願う。 赤子の笑顔をみれば、皆がくろいひとを沈めたままにしておけるのではないかと思うのだが。 難しいのだろうか。                                                         

0 件のコメント: