12/18/2013

機内食

 機内食は飛行機に乗ることが好きな私の3番目に好きなものである。1番目は飛び立つ時、2番目は小さな窓からみる空、そして着陸態勢になった時に見えるその国の様子である。


 飛行機の中で食べた機内食は美味しいと言えるものではない。今まで様々な飛行機の機内食を食べたが、どれも美味しいと言えるものではなかった。けれども、この機内食を食べお酒を飲まないと旅ははじまらないのである。 

 そして、貧乏旅にかかせないのは機内食の使わなかったスプーンや塩や胡椒やナプキン。 場合によっては水やパンやチーズも持って帰る。  昔、クロアチアからイタリアを船で渡った時、まだ旅慣れをしていなかった私は日本の日曜日を想像してのんびりと港に向かった。途中でお金をおろしてお店で何か食料を購入しようと。しかし、ヨーロッパの日曜日は本物の日曜日であったのだ。 全てが閉まり、街に人の姿はほとんどみなかったのである。手持ちのお金は確か5ユーロ程度だった記憶がある。購入できたのは飲料のみ。 半日以上の船旅を助けてくれたのは、機内食であったのだ。  機内食はいつでも私の旅をサポートしてくれるのである。   

 マルタに向かって、エミレーツ航空に乗り込んだ。

「とりあえず、ビールで。」                                 


12/17/2013

首をかしげたくなること 

 最近、通勤で使っている電車が人身事故で止まった。
普段より早く仕事が終わり家でのんびりとしようと思ったら途中で止まったのである。
振替乗車をしようと思ったら駅員さんに冷たい口調で「この駅まででしたら、バスより電車の方が早いので、電車を待っていてください。後一時間もすれば動き出します。」とのこと。駅員さんも対応で疲れていたのだろうし、悪気はないと思う、けれども定期券をもっていたらバスの振替券をもらえるのだと言われ長蛇の列を並んだ結末がこの冷たい対応であると、私の小さなキャパシティは容易に一杯となるのだ。

 渋々、駅のホームに行くと、冷たい風が身体を冷やす。そしてアナウンスはしきりに「当分電車はきません。お急ぎの方は振替のバスや電車をお使いください。」と話す。後一時間もすればというが、この寒空での一時間がどれだけ長いことか。 読みかけの本も読み終えやることがなくなってしまった。まだ電車はきそうにない。 こんな時便利なのか不便なのかはわからないが、携帯で人身事故の最新情報をみてみた。すると、ネット上では人身事故の情報がこう流れていた。「Twitterに線路ナウと載せようとした高校生が、線路に降りてひかれた。」それはあくまで、ネット上のことであり真実は不明である。  しかし、もしもそれが事実であれば大きく首をかしげたくなる。 

 どうして、自分のしたことが大きな影響を与えると想像できないのだろうか。 線路に降りた時に起こりうることは自分で線路に降りることができる位の歳ならわかるだろう。 
 想像力の欠如した人間が起こしたことがどれだけの人にどれだけの影響を与えたか、そしてどう償うのか。 命と引き換えにしてまで投稿したいと思わせるTwitterとはどんなものなのだろうか。 この一時間で様々な感情が渦巻き、とても疲れた日であった。