7/14/2013

最期のシャンプー




宮島を旅した時。
なんとも悲しい結果のおみくじをひいてしまった。
ということで、結んできた。
健康でありますように、とつぶやきながら。

62歳の死は早すぎたと、誰もが思うだろう。
旦那さんも息子も娘も彼女との最期の時間がこんなにも早くくるとは思ってもいなかっただろう。  肝臓を襲った病と10年もの間戦ってきた。
ちゃきちゃきの江戸っ子だった彼女は最期まで気丈であったと思う。

弱音を吐かない彼女が、旦那さんに「もう辛いの。」と言った。
少し休みましょうと声をかけた私に、「まさか、このまま眠りにつくなんてことないわよね。」と精一杯の笑顔で話す。

彼女の死はもう目の前までやってきていた。
それは主治医でもなく、私達でもなく、彼女が一番よくわかっていたような気がする。

主治医からの宣告は後1週間。
その宣告を聞いた、旦那さんと息子の憔悴しきった顔を正面からみることは辛すぎた。
気丈な彼女の血をひいた娘は、なんとか頑張っていた。
それでも、悲しみは同じ空間にいることで、伝わる、、、それほどの空気が流れていた。

彼女は1週間もしないまに天に召された。

おしゃれだった彼女の最期に用意されたのは、タイトなワンピースと白いニット。
最期に同僚達とシャンプーをした。
そして、むくんでしまった体には難しいかなと思ったワンピースと白いニットは、元気だった頃の彼女の姿にしてくれた。お顔と爪は娘が綺麗に、綺麗にした。

最期のシャンプーをさせてもらい、、、ありがとう。

「もう一回だけ、少しの時間でいいから、家に帰りたいの。」
その願いを叶えてあげられなくて、ごめんなさい。



0 件のコメント: