11/21/2011

病院での検査は・・・。

bangkokを旅したときに見つけたタバコのパッケージはこんなにもリアルである。
仕事柄もっとひどい壊死状況の足を見てきた。それでも、身体中の血がざわめくのである。

27歳の女の子。余命いくばくもない今も、生きるということを頑張っている。
その彼女を癌は容赦なくむしばんでいく。それはなんとも言えない世界であるが、それが現実である。
こんなにも医療は進んでいるけれど、その進行を止めることは困難である。それは、若ければ若いほど言える。

昔から、突如頭に浮かぶことがその後大きな不安に結びつくことがある。 今回は「病気」である。

職員検診はしているが、それでは足りない。法定検診の項目は最低限である。
特に女性は女性特有の病気が多い。そしてその病気こそが、私達の命を危険に晒す可能性が高い。

乳がんも子宮内膜症も子宮筋腫も子宮頸がんも子宮体がんも最後に検査をしたのは数年前である。
ということで、突如不安になった私は病院に行くことにした。

勤務することと、自ら患者になることは全く気分が違う。
病院はいつでも緊張する。そして、結果を待つ1週間の気分の重さといったらない。
けれども、いつかはしなくてはいけない。

十数年勤務して思うこと。
全ての病気は早期発見・早期治療が重要であるということ。

このつぶやきを読んだ友人達が、病院に行くことを願っている。

0 件のコメント: