5/23/2011

東神奈川の友人。


                                         アンコールワットにて。

神奈川県に住居を移そうと思った理由をいくら考えてみてもわからない。なんとなくみつけたような気がする。そんなあやふやな記憶しかない上に、神奈川県に住みたいと思ったわけでも、仕事場が近いわけでも、好きな人が住んでいたわけでも、親友が住んでいたわけでも、友人が住んでいたわけでもなんでもない。特に理由などないのに住んでみようと思い、見学に行ったのである。そこで逢ったのが彼女である。きっと彼女に逢わなかったら、この家には住んでいないと思う。

60人もの人と住んでいたのに知っている人も友人になった人も数えるほどしかいない。けれども、出逢った人は私にとって大事な人達であり、いつも彼女に逢うと思うことは、彼女に逢わなかったらみんなにも逢うことはなかったんだなぁということである。彼女と久々に逢った。仕事の朝は必ずキッチンで逢う彼女とも逢った。3人での食事は純粋に楽しかった。

人に出逢うことで、そこから広がる更なる世界や人を思う。普段、同職種の人に囲まれその小さな世界から飛び出すことの少ない中、こうやって様々な世界で生きている友人に逢うとほっとする。
 
次の「乾杯」を今から楽しみにしている。

0 件のコメント: