4/27/2011

桜と琴子。



実家に長いこと預けているシマリスの桜は、地震の日以来・・・巣に篭ることが多くなってしまったとか。それでも、最近は暖かいせいか巣からでて、巣箱の掃除をしたり木に布団がわりにしている布を干したりとせわしなく動いているとか。相変わらず、悠々自適の一人暮らしなのに、巣箱の角にはえさを貯蓄。何にに備えているのかはさっぱりわからないが、桜も非常用袋を用意しているのだろうか。


最近知ったのだが、パンダは20種類の泣き声で他のパンダと会話をするらしい。その泣き声の中には「ワン」というものも含まれているとか。パンダって昔からあまり興味はないが、その泣き声が聞けるのなら、あの長蛇の列に並びに上野動物園に繰り出そうかと考える。


上野動物園のかばのさつきが死んでしまった。地震で足を滑らせてしまいそれ以来、弱っていったとか。パスポートを持っている理由のひとつだったさつきの死はなんだかしょんぼりしたくなる話であり、オラウータンのモリーさんも元気がないと聞き、あの地震で影響を受けたのは人間だけではないんだなぁって思い、そろそろみんなに会いに行こうかと考える。


でも、3階で生活を供にするカメの琴子だけは地震などまるでなかったかのように、毎日激しく動く。部屋で放し飼いにすれば、どこかに行ってしまい、戻すのが一苦労であるし、庭を散歩すれば物凄い勢いでどこかに行ってしまう。一瞬たりとも目が離せず、人間でいうところのADHDなのではないかと疑いたくなる。カメがのろまって言ったのは、どこの誰なのだろうか。この子・・・まったくのろまとは対極に位置している。まぁ、それでも、琴子の動きに相当癒されているのだが。


0 件のコメント: