1/28/2011

メイク。

マドリッドのある広場で沢山のキャラクターに出会った。否、真実を述べればそれは私の知っているキャラクターの名前で呼ぶのは好ましくない。仮に、キティと呼ぶとする。キティは平然と自分のことを「ハローキティ」と紹介する。確かにぼんやりとは似ている。けれども明らかに彼女をキティと呼ぶのは抵抗がある。

目は「心の窓」と言われている。最近、女子の顔に変化がある。それは、「まつ毛」のせいだろう。つけまつ毛をしている人もいればエクステの人もいれば植毛している人もいるし、マスカラを大量に塗っている人もいる。とにもかくにも目に変化が起きている。

私も「アイメイク」は好きである。というか、目がぱっちりで生まれてきたのなら「アイメイク」に固執などきっとしなかっただろう。けれども残念ながら私の目元はよく言えば涼しげ、まぁ小さいということである。だから、リキッドアイライナーとアイシャドウと・・・・あらゆるものを駆使して目を際出せていた。いわゆる自己満足であるが。

最近、あまりにも皆の目が変化してしまい皆が同じような顔に見えはじめてしまい、私は「アイメイク」をお休みにすることにした。このままでいいような気がしてきたのである。

普段しっかりと自分の顔などみることはないのだがしっかりと鏡ごしに逢ってみた。私の最大のコンプレックスは目が小さいことより右目がつり目であったことである。つり目が嫌でメイクで隠していたし、なるべくいつでも笑顔でいることを心がけていた。

はたと気付いた。目がつり目じゃない。直ったのか、年をとって重力に逆らえなくなったのか。理由はさだかではないが、私の最大のコンプレックスは解消された。今だ、目の小ささは変わることはないが、それはあるがまま受け入れようと思う。

一度それを受け入れると、それはそれで気に入ってくるかもしれない。

「心の窓」である、「目」は自然のままで大事にしようと思ったのである。そこから、またひとつ前進できるようなきがする。

0 件のコメント: