8/27/2010

箱根 公魚(わかさぎ)定食のこと。

お腹が減ったので箱根神社からボート乗り場の前の定食屋さんが立ち並ぶところまで歩くことにした。 なんとなく雰囲気でここにきめた。名前は「いせや」。

えっ、前の湖にはスワンボート。これはどこかとかぶる。そう、吉祥寺の井の頭公園である。まきちゃんとあの時を回想して笑ってしまう。

「もう、はいるしかないでしょ。」

さとちんはきょとんとしているけど、そこは笑顔で乗り切り早速入ると、そこはなんだかおばあちゃん家のようである。座敷にあがり座布団に座り、窓から入ってくる涼しい風に幸せを感じる。

3人とも公魚定食を注文。揚げたての公魚は美味しく、3人で食べているという事実も、今日がお休みという事実も、ここが箱根という事実も、湖の前で自然の風がなんとも言えないくらい心地よいという事実も、そういう全ての事実をひっくるめてもひっくるめなくても、もうとにかく美味しいのだ、楽しいのだ、嬉しいのだ。





いつもいつも思うけど、いつもいつも書いているけれど、美味しいものを美味しいねって共有出来る人と食べれるって幸せなことである。

まきちゃんとさとちんと食べた公魚定食は、本当に美味しかったのである。










0 件のコメント: