8/30/2010

思いやり。


母が漬けたらっきょが一番好きである。
PSWの方が今回テーマに選んだのが「よりよい人間関係を築く」である。彼女の作成した補足資料がとても心に響いたので一枚拝借した。

「思いやり」って一体何ではじまる。

そういえば「思いやり」ってなんだろう。それは、相手に優しくすることでも、何でも許してあげることでもなく・・・「自分の見方と違う角度から見る(考える)ことができること。と書いてあった。

20代の頃、何かに追い立てられるように働いていたのも旅にでていたのも、原点に立ち返れば「人」であった。とにかく人に出会うことが楽しかった。自分とは異なった考え方を持つ人の中にいることは決して居心地のよいものではない。自分の生き方を否定されることも覚悟でその中にいなくてはならない。全ての五感を研ぎ澄まし生きていくことは容易ではないのである。それでも、私はひたすら「人」の近くにいた。

そして学んだことは、人との「距離」であり、そして世の中にはいくつもの常識や非常識が転がっているということ。それは人の数以上にあるのだと知った。それを知ることはその後生きていく中で「思いやり」をもてるかどうかの大事なものであったのだと知った。

むやみにキャパを広げていく必要はないだろうし、譲れないものをもつことも重要である。けれども、やっぱり何より人に対して「思いやり」をもつことは絶対なものなのだ。

0 件のコメント: