8/14/2010

モモ

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)

小学生の時、誕生日かクリスマスのプレゼントとして両親から贈られたこの本が好きである。読み返してみると、この本から教わるものや気付かされるものの多さに驚く。

星の王子様、そして最近はまっているNHKの連続ドラマ小説の水木しげるもみな同じ柱を持っている。

「自分の周囲には、見えないけれど確実に存在しているものがあり、その存在が生きる助けとなっている。見えるものだけが真実であり、重要な訳ではないのだ。」

もっと、五感をフル活用して生きていかなくては。

0 件のコメント: