7/31/2010

TIBETAN INCENSE,


















仕事の行きは、仕事の前に必要以上の汗をかくことが嫌なのでメトロに乗るが、帰りは20分の道のりを歩く。気分をすこしだけ変えたいときがある。そんな時はいつもの道ではない道を歩くことにしている。今日は気分を変えたい日であった。その道すがら、ある物に目がとまった。それが、「TIBETAN INCENSE」 である。こう書いてあった。「気持ちを穏やかにする香りは、集中する助けになるだけでなく、周囲と強くバランスをとるのに役立つ。」  私はその言葉に強く惹きつけられて購入した。


なんだかショートケーキが食べたくなった。いちごが挟まったシンプルなものがよかった。古びた喫茶店のショーケースに入っているようなそんなショートケーキが食べたかった。だから駅ビルのケーキ屋さんで購入した。

自宅に戻り、お気に入りのお皿にケーキをのせて、箱根で作ったグラスに氷を入れアイス珈琲を注いだ。バーレーンで購入した魔法のランプでTIBETAN INCENSEを焚き、ラジオをつけ、久々に沢木耕太郎のエッセイ「チェーン・スモーキング」を読むことにした。

こんなセリフがある。
「親孝行なんて、誰でもとっくに一生の分が充分済んでいるのに、誰も知りはしない。誰でも生まれた時から五つの年齢までの、あの可愛らしさで、たっぷり一生分の親孝行は済んでいるのさ。五つまでの可愛さでな。」

今日の新聞に悲しい記事があった。「親に置き去りにされて一歳と三歳の子が餓死をする」・・・そこにどんな背景が存在するかはわからないが子供の笑顔の写真が悲しみを湧き上がらせる。そして、思い出すことがある。昔、児童施設のお手伝いをしていたことがある。その施設には私の知らない世界があった。虐待、育児放棄、、、等。乳幼児が門の前に置き去りにされることもあった。2歳の女の子は全身にタバコの火の跡があった。4歳の女の子は足が曲がっていた。身体に見えなくても皆様々なものを小さな体に抱えていた。

皆、親孝行をしたかっただろうになぁ。

何事にもバランスが必要であると思う。生きれば生きるほどその思いは強くなる。バランスを少しでも崩すと途端に生きづらくなるのである。チベットは未知なる異国。まだ呼ばれない。だから行く予定はない。でも、チベットのお香を焚いて、沢木耕太郎の本を読んでいたら、突然どこかに行きたくなってきた。

そうだ、明日は実家に帰ろう。

0 件のコメント: