7/05/2010

恋のタイミング。


私がたまに働いている喫茶店、最近は専らお客さんとしてしか行かないけれど・・・。おじちゃま達の背中に心動かされるものがある。

恋をしているときって、なんだか忙しい。沢山考えることがあるから。妄想にだって拍車がかかるから。そして不思議なことに、恋をしているときって、恋をしている人によく逢う。今日もキッチンで逢った女の子の可愛い片思いの話を聞きなんだか嬉しくなる。片思いを楽しむ余裕なんて自分にはひとつもないのに、人の片思いの話を聞くと片思いってなんて可愛い素敵なものなんだろうって思うのだ。

あの人に恋して、その思いが高く積み上げられた時とこんなにも低くなってしまった時と、この差ってなんだろうか。確かに私はあの人が好きであったのだ。けれども、その思いは上手くお互いにかみ合わないと駄目なのである。私が好きなとき、彼はそれほどでもなく、どんなに私がボールを投げてもそれをグローブにいれたまま、私に投げ返してくれない。そんな時が続くともう疲れてしまうのだ。私の気分が下がりはじめた時に、投げ返してくれたってもう遅いのである。

全てはタイミングかぁ。

0 件のコメント: