4/22/2010

正しい答えを導くことは困難である。

1Q84 BOOK 3

戻りたい過去は沢山ある。あげたらきりがないほど。でもその過去には目を閉じる。一度、通り過ぎた道を戻ることはできない。それがたとえ間違っていたとしても。それが今なら正しい道に戻せるとしたとしても・・・。

2年前のことを今更持ち出してくるなんて、どんなつもりなのだろうか。それは私には過去であり、再開させる気はない。それでも動揺はした。どうしようもなく心をかき乱された。ある友人にはその過去を納得のいく過去にさせる必要があると言われた。きっと彼女の助言は正しいのだろう。それでも、私はその過去に何もせず蓋をした。それでいいと思っている。

友人に生きている意味がどうしようもない位わからないといわれた。同業の彼女の言葉には重みがある。その言葉を呟いてみた。「イキテイルイミガワカラナイ。」それに対する言葉などみあたらない。

だから、オウム返しのように私も彼女に言った。「そうね、生きている意味はどうしようもない位わからないかもね。」

0 件のコメント: