3/25/2010

グラナダの旅 Ⅰ


マドリードからBUSに乗ること6時間、目的地のグラナダに到着した。私以外全員がスペインコ語を話す満員の車内は始終賑やかであった。とりあえず、スペイン語のシャワーで旅が始まったのである。

友人とはメヒコの宿で出会った。薬物依存の研究をするためにメヒコ、京都、そしてグラナダの大学と移動を重ね勉強をしている友人は6つも年下とは思えないほどのオーラを放っている。そんな友人と逢うのは一年振りである。バスターミナルで待っていた友人の姿を見つけた時は大興奮であった。

とりあえずは友人の住むシェアハウスに向かった。フィンランド人、ドイツ人、スペイン人とシェアをしているハウスはグラナダの中心にあり7階のためグラナダの街が綺麗に見える。到着すると遅めの昼食を用意してくれテラスで食べることにした。17時を過ぎているのに気温は15℃を超え風もなく、旅の始まりとしては申し分なかった。

ひとまず、友人宅に泊まりこれからの旅の計画を立てようと思う。行きたい所は山積みである。モロッコ・セビーリャ、そして、マドリードに戻り、ゲルニカに再会をしたいし、今度こそプラドにも行きたいし、トレドにも行きたい。やはり2週間では短すぎる・・・・。

0 件のコメント: