3/26/2010

サマータイム事件

スペインはそろそろサマータイムになるという。それを聞くと落ち着かなくなった。サマータイムで思い出すのはバーレーンに向かうために関西空港に到着したときのカウンターのお姉さんの言葉。「このチケットは昨日ですね。」。えっ・・・。そう、サマータイムのため発着時間が変更になっていたのだ。どうしても行きたいとカウンターのお姉さんに泣きつき、なんとかバーレーンにたどりつき、それを聞いたチケットを贈ってくれたおじさまが航空会社にクレームをつけ(サマータイムの連絡がなかったため。)、帰りはファーストクラスで帰ってきたという、結果的には最高だった・・・「サマータイム」ではあるが、スペインでは絶対にそんな幸運が舞い降りてくるとは思えない。とりあえず、23日の飛行機に乗らなくてはいけないため、様々なスペイン人にサマータイムはいつからか聞いてみる。驚くべきことに皆がいう答えは様々である。メトロの職員も宿のお兄さんもバルのスタッフもそれこそありとあらゆる人に聞いたが、皆違う。あまり興味がないのだろうか。でも1時間はとても大きいように私には思うのだが・・・。

結局帰国日まで正確な変更の日はわからず、諦めて必要な時間よりも更に1時間早く空港にむかうことにしたのである。結果、サマータイムにはなっておらず、ただ空港に早く着いただけとなってしまった。

日本に帰国して調べた。3月28日にサマータイムになるということである。あっ、バルのお兄さんの答えだけが正しかったのだ。信用しないでごめんなさい。

0 件のコメント: