3/31/2010

のんびりと。

1€か2€をだせば、メトロに乗れる。治安が悪いといわれるメトロ・・・初めて、スペインに降り立った時、バルセロナのメトロでは、ひたすら日本語で「貴方を泥棒が狙っています。気をつけてください。」とアナウンスが流れていてぎょっとしたのを覚えている。幸いにも現在に至るまで、盗難などには遭ってない。危ない目と言えば、とある国で就寝中ドミトリーにナイフをもった男が侵入した時と、宿の台所でドラッグをすすめられたとき位であろうか。幸いにもその男は危害を加えずに帰ったし、ドラッグも断ると何事もなかったように、その後も彼らと談笑していたように思う。今後のことはわからないが、今の所は大丈夫である。でもメトロには乗らず、一日中ひたすら歩いた。やはり旅の醍醐味が人との出逢いであるのと同時に、場所との出逢いもあるように思う。偶然に入った路地裏やお店で面白いことが待ち受けているのかもしれない。そう思うと、おちおちメトロに乗り、地上での面白い出来事を見逃すわけにはいかないのである。ただ、PARISを旅したときだけは利用する。オーデイションに合格した人たちが、それぞれに素敵な音楽を奏でているからである。

たまたま入ったCAFEはとても可愛らしいおんなの人がひとりで切り盛りしているお店で、とても混雑していた。けれども、丁度私が入った時に、同時にお客さんが帰っていったので、私以外はランニング途中に立ち寄ったマダムと、ココアを飲むカップル、そしてカウンターに座った私の横には何やらせわしない男の人がいた。そのカウンターは始終珈琲の香りが届き特等席の気がする。珈琲豆を挽く匂いは何ともいえない安らぎを与えてくれる。店員さんと男の人のスペイン語をBGMに、私はその傍らで本を読みそしてAIR MAILを書いた。 その日は一日の半分以上をそのCAFEで過ごしたのである。

ひとり旅は、時間がものすごくゆっくりと流れていく。何もすることがない。しなくてはいけないこともない。せっかく旅をしたんだからあれもこれも行かなくては、見なくては、という精神が欠けている私には膨大な時間が与えられているのだ。CAFEを後にしてもまだまだ、時間は沢山ある。とりあえず、郵便局に行きAIR MAILをだし、その後は・・・・飲みに行こうかなぁ。

0 件のコメント: