3/27/2010

時差。


スペインとの時差8時間。夜勤メインの生活をしていた時期ではおこらなかったこと。それは時差ボケ。久々に罹患した。最近は昼間の生活に切り替えた。夜勤は極力やらないようにしているので、月に多くて3回である。夜に人と逢ったり、飲みに行ったりすることも、なるべくしないようにしている。基本は23時のは就寝。遅くとも0時には就寝を心がけている。だから、体がそれに慣れてしまった。

そして2週間のスペイン生活。今度はスペインの生活に慣れてしまった。遅めの昼食や昼間からのアルコール、シエスタ・・・どれにも体は適応してしまった様子。そして8時間の時差にもすぐに適応。

けれども、帰国してから体が日本モードにならない。夜勤でもないのに4時台に起きているなんておかしい。0時には就寝したのに眠りにつけない。ホットミルクを飲み再度チャレンジするも眠れず。眠ることがこんなに大変なことはない。いつでも布団に入れば気付けば朝だった・・・という感じの生活を送っている私にとって、不眠とは縁遠いものであった。今になってやっと心の風邪をひいた人達が、「眠れなくて辛い・・・、早朝覚醒するんだよ。」と言い、複数の睡眠導入剤を内服している理由がなんとなくわかったような気もする。

そういえば、ここ2年逢ってない友人からメールが届いた。年賀状の返事がないから心配していたのだが、「心の風邪をひいて休職をし、最近職場を異動してやっと眠剤だけでどうにか生活できているの。」という内容であった。彼女は救急領域で働いている子であり、燃え尽きたのか、それとも何かあったのか、もう少し落ち着いたら長野まで逢いに行こうかなぁ、、、今日は眠れているかしら。

眠れないって、本当に辛い。

0 件のコメント: