2/26/2010

そうでないと・・・・。

入院している祖母のお見舞いに来た孫。まだ小学校中学年位のその女の子は、ひたすら祖母の隣でゲームをしている。話しかけるでもなく、心配するでもなく、ひたすらゲームの画面に夢中である。ベッドで祖母が原因不明の嘔吐で苦しんでいるのに彼女はその姿を横目ですら見ることはしない。

まだ私が新人だった頃、30代後半の女性が入院してきた。彼女には夫と中学生と小学生の息子がいた。彼女は末期癌であり、意識こそクリアであるものの自分では何一つできなかった。その彼女を自宅で中学生の息子が介護をしていたと聞いたのは、彼女が旅立った後であった。

肝臓にも肺にも転移し、最期は脳に転移した。そんな母親を息子達は受け入れられなかったのだろう。いつも、病室のソファでゲームをしていた。きっと、弱っていく母親をみていられなかったのだろうし、理解もできなかったのだろうし、どうやって声をかけるべきかもわからなかったのだろう。最期までソファでゲームをしていた彼らは、ゲームという非現実に逃げ込むしか術がなかったのだと、そう思った。それは、いつも横目で母親の姿を確認していたその姿が語っていたのだ。涙ひとつ流すことがなかった彼らに、一層涙が止まらなくなったのを昨日のことのように覚えている。

彼女は祖母の姿を横目ですら確認しようとしない。その姿がなんだか妙に寂しく私の目に映った。あの時の彼らと同じ気持ちなのだろうか。それとも、、、、。否、そうでないと願いたい。


6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

命の現場の話は重い・・・でも何年も命の現場で働いていて、マヒしないで悩んでいるももは尊敬します。たまにはバンコクに気楽に遊びにきてください。

amelie さんのコメント...

驚いた、コメントを残してくれるなんて。
・・・なんでだろうってって考えてみたんだけど、年賀状が手元にきたってことね☆

有難う。

週末だけの市場だったかなぁ、モーチットって名前の駅だったかなぁ、、、そこの市場にもう一度行きたいの。次回は一緒に歩けるかしら。暇ができたら連絡頂戴なぁ。その時は気軽にバンコクに遊びにいくわ。

命の現場は重いの。何度も燃え尽きたわ。
何度も逃避したわ。でもそれでもやっぱり、
この仕事が好きみたい。でも、好きでも壁を上りきれないことは沢山あってそういう時は
ここで文章にしてみるの。
そうすると、なんだかちょっと落ち着くの。

匿名 さんのコメント...

あったりー。
年賀状が実家から送られてきました。日本にはまる2年帰ってないな。バンコクはまたデモやってるけど、それほど影響はないみたい。
4月の第一週までは週末時間あります。あと週末3回。
っていっても、ブログを見てもももがどこにいるのかわからない。年賀状に書いてあったグラナダ?モロッコか?

kazukaruizawa さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。
kazukaruizawa さんのコメント...

あったりー。年賀状実家から送られてきました。日本にはまる2年帰ってない。
4月1週目まで3週間週末は時間があります。
って今どこにいるの?グラナダ?てどこ?モロッコ?
もしこれたら連絡ください。

amelie さんのコメント...

タイのnewsみたけどすごいね・・・。気をつけてね。

さてどこにいるでしょう。

5月以降は空いてないの?まぁ、仕事と趣味を第一に考えるといろいろ忙しいよね、私もそれには共感するわ。

メールを送信したので、暇なときにみてみて。  チャオ☆