12/16/2009

「まちどおしい」

オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)



ロシアをじっくりと旅したことはない。チェコはプラハだけ旅をしたことがある。プラハの宿で出逢ったロシア人4人組のおじちゃまたちとは、言葉も通じないのになぜか毎日酒盛りをした。私にとって初めて知り合ったロシア人であり、彼らのお酒の強さと愉快さと優しさに、ロシアが好きになりそしていつか彼らが住んでいるというミンスクに足を踏み入れたいと思っている。そしてその宿で働いていたチェコ人(たぶん・・・。)のお姉さんには可愛らしい子供がいた。一度、宿の上にある彼女の家に遊びに行ったことがある。その楽しかった記憶とともに、チェコ人が好きになった。

そして、私がロシアとチェコに導く最大の理由は、彼女の本である。彼女の本が久々に手にとった。彼女の本は全て読んでいたと思っていたのになぜかこの本だけは、タイトルだけしか浮かばず中身を覚えてい なかったのである。

全てのことが中途半端でありつつある最近。学生の時のような期限はない。宿題を何日までに提出するとか、読書感想文を何日までに提出とか、そしてそれまでに本を読まなくてはとか、そんな迫った期日などほとんどない。せいぜい、税金や確定申告の締め切りとかそんなことだけである。そういうことがなくなった今、私はなんともだらしがない人になってしまったようである。

興味のあることや、やりたいことも日々の生活に流されてしまっている状態。なんとなく過ごしている時間はあっというまに過ぎる。子供の時に時間が長く感じられるのはいろんなことを待っているからだとか。確かに、大人になり何かを「まちどおしい」と思うことが少なくなった。だからか、ものすごいスピードで時間が過ぎていく。

けれども、久々に手にとった彼女の本は私に「まちどおしい」という感覚を与えてくれた。朝の通勤の電車から始まった。分厚い本なので勿論朝の通勤だけでは終わらない。仕事の時間も早くお昼休みがこないか「まちどおしい」。午後の仕事も早く終わらないか「まちどおしい」。とにかく、少しでも読み進めたいと、信号まちでも本を広げてしまう状況。帰宅後、気づけば2時間が経過していた。

「まちどおしい」という感覚のよみがえり。自分の集中力に・・・嬉しくなり。まだまだいけると思いながら、日々の生活に流されてしまっている今の現状を打破していこうと、そう思ったのである。

0 件のコメント: