11/02/2009

ベトナム・タイ、ひとり旅 Ⅶ

大通りにもかかわらず、通りの半分を占拠してBUSをまつ人々。その無秩序な感じに心が一息つく感じを覚える。きっと東京で同じ光景を目にしたら眉をひそめるに違いないその光景に、安堵しているのだ。

意味のない鎖に何か安堵する。これ位でいいよねって、そう思う。本当は、もっと肩の力を抜いて生きていきたいと思う。けれども、東京ではそれは許されていないような気がする。

無秩序なものや無意味なもの、、、、いろんなことが微笑ましいなぁって思える心のゆとりがほしいと、最近よく思う。

そういえば、■には□のブロックを入れて、▲には△を入れて。そんなおもちゃがあったような気がする。■に□のブロックをいれることができるようになったら、■に△や○をいれてもいいのではないだろうか。誰も駄目なんだよなんて言ってない。結局自分がそこに違うブロックをいれることを躊躇しているだけなのだ。

0 件のコメント: