10/13/2009

ベトナム・タイ、ひとり旅 Ⅲ

車窓から外を眺める。



大人になったなぁって、思うこと。私だけのものさしであるが、朝の時間を急がなくなったこと。のんびりと支度をしても、ゆっくりと朝食を摂っても、その後珈琲をドリップして飲んでも、それでも大丈夫な位、朝の時間をゆっくりとのんびりと過ごしている自分にそう思う。
 
でも、ベトナムの朝は私の思うのんびりなんて違うよって言われてしまうような時間が流れている。市場の喧騒も激しいバイク渋滞も見たけれど、それでも東京の朝とは違う。同じ喧騒で同じ混雑なはずなのに何かが決定的に違う気がするのだ。

その何かは結局の所見つけることはできなかったけれど、いつも以上にのんびりとした時間を過ごせたことは事実であり、これが本来の朝のあるべき姿なんだろうなぁってことだけはわかったのである。


0 件のコメント: