7/26/2009

わかっていたけど。


ブラジルの風は、キューバの風は、そうサルサの風は私の肌に心地よい風をあててくれる。でも、この風は私の肌を冷やすだけ冷やして終わり。そうなることは、最初からわかっていたのに、自ら風にあたりにいってしまった自分が悪い。あらかじめ予想していたこのに飛び込む自分が悪い。

少しづつ変わる必要があるのかもしれないと思ったから。このままではいけないと思ったから。

でも、このままでいい。こういう空気で肌を冷やすのはやめようと思う。この空気・・・私には合わなかった。全く合わなかった。気づかない振りをここでもしていたけど、もう無理なのだ。潔く認めようと思う。何杯飲んでも、全く酔わないことが証明している。よっぽど体の方が正直である。

ばななの言うように、

「ただ、ばかみたいに単純に。」

それでいい。・・・・冷え切った体は明日仕事場で温めよう。  

0 件のコメント: