6/18/2009

多忙。。。

失恋は新たな恋で癒すというのが、一般的な話。こじつけではなく、本当な気がする。では、友人を喪失した場合はどうするべきか。この哀しみも寂しさも、どうすればいいのか。



やっぱりその傷は大事な友人たちが癒してくれる。喪失した日以来、昼間は仕事に励み夜は友人たちを感じる。そして、毎日少しずつその事実を受容していく。



このある種の多忙な日々はまだ続く。普段、なかなか逢えない友人たちと逢える日々。サルサにまで行った。友人を喪失したのは大事だったからこそ悲しいけれど、その友人に感謝するべきなのだろう。本当は旅の別れのように私のもとから去ってくれたらよかったのにって、思っている。そういえば最近連絡がこないけれど、メールの返事もこないけれど、元気かしら?便りのないのは元気な証拠っていうからきっと元気ね。いつかまた縁があれば逢えるはず。・・・・そんな別れが本当はよかったけれど。



でも、こんなにも大事な友人たちに毎日逢うきっかけを作ってくれたのだから、本当に有難う。もし、また逢えることがあったら一言だけ言いたいなぁ、有難うって。

0 件のコメント: