6/13/2009

チョコラBB

今日は、あの人になんとなく逢いたかった。自分の仕事は終わり、今日はまっすぐ家に帰ろうと思ったけれど、ここ最近のことがなんとなくのどにひっかかったままだったので、やっぱりあの人に逢いたいなぁって思い、電話をしてみた。大丈夫であった。あの人は私が必要とするときに必ず逢えるのだ。いつもの東京駅のホンダgolfの裏の小さな喫茶店で待ち合わせをした。いつも温かく迎えてくれる80近いおばあちゃまにいつもの人と待ち合わせをしていると告げると、じゃぁ注文はお待ちの人がきたらねと優しく声をかけてくれる。ただそれだけの言葉が落ち着く。待っている間、ひどくなった口内炎にケナログを塗っていると、声をかけられる。「私もよくなるのよ。」と・・・。そんな他愛もない話をしているとあの人はやってきた。本当は珈琲が飲みたかったけれど、口内炎が痛いのでアイス珈琲にした。ひとしきりお話をして結局閉店の8:00まで居てしまった。お会計の時に、おばあちゃまがナプキンに大量のチョコラBBを包んで渡してくれた。「これを一日2回飲めば良くなるから。」・・・そんなふいをつかれた優しさが、あの人に逢えたことと同じくらい嬉しい。やっぱり、人ってあたたかいのだ。そう、あったかい・・・。



帰りに日本橋まで歩き、こんなサルを見つけた。あの人が会社の同僚から教えてもらったのだとか。おそろいで携帯につけようよと言われ、そういうことは嫌いなはずなのになぜか、うん、と言い購入。早速つけてみた。名前はハルキにした。このecoサルはなかなか可愛い。おそろいも時にはいいもののようだ。貴方は彼女のようなもんだしね。と言われ満更でもいないが、やっぱりそれは異性から言われたい、、、そんなことはない、同姓から好かれるなんて本当に嬉しいものである。お姉ちゃま、今日も有難うございました。




0 件のコメント: