5/14/2009

モテ期。

新宿の駅。旅行をする異国の人によく出逢う。そして、切符とにらめっこをしている人やホームを探している人などを見ると、自分の旅とだぶり声をかけようか迷う。

今日も、ホームで駅員さんに一生懸命何かを聞いている夫妻に遭遇した。けれども、駅員さんには通じず。お互いに困ってしまっているところに、ひとりの杖をついたおじいちゃまが登場した、流暢な英語で夫妻に話しかけ、見事解決。そのスマートな行動におじいちゃまの人生が詰まっているように思った。

入院している人たち。昨日の事は、否今さっきのことだって忘れているのに、若いときの話となるとキラキラする。まるで、昨日のことのように話だす。

今の私は、行きたいところがあればどこにでも行ける。制限など何もない。けれども、私は永遠に歳をとらない・・・はずがない。いずれ老いがくる。見たいものがあっても、行きたいところがあっても、今のように身軽に行くことはできないだろう。

老いがきたときに、過去の経験が制限のある自分を楽しませてくれたらどんなに素敵か。人は思い出だけでも十分に楽しめる。だから、老いを楽しめるように経験(幸せ)貯金をしなくてはと思い立ち、今日の一部始終を同居人に話した。

「ばぁばになってモテ期がきたら、最高だね。」と言われ、「本当にそうね!」・・・と。

無駄なものをどんどんそぎ落とし、身軽になった時、そこで始めて本来の自分というものが見えるのかもしれない。その時に、私に思いを寄せてくれる人がいたらそんな素敵な出逢いはない。

縁側でお茶を飲みながら、お互いの昔の話で旅をしている今以上に楽しめたら、そんな素敵なことはない。

ばぁばになってモテ期がくるように今から、磨いていかなくては。

0 件のコメント: