4/06/2009

アラブ連盟のチャリティーバザー。




















ヨルダン、アラブ首長国連邦、バーレーン、チュニジア、アルジェリア、ジブチ、サウジアラビア、スーダン、シリア、ソマリア、イラク、オマーン、パレスチナ、カタール、コモロ、クウェート、レバノン、リビア、エジプト、モロッコ、モーリタニア、イエメン




が参加するチャリティーバザーのお知らせを、心の風邪をひいた人のもとに仕事に行ったときに、ある人から教えてもらった。彼は、私=中近東のイメージがあるようで、何か東京で中近東の催しものがあると教えてくれる。そうやって、何かをみたときに、自分を思い出してくれることって本当に嬉しい。



私が旅したのは、カタール、バーレーン、オマーン。他にも沢山興味のある国はあるのだがまだ行く機会い恵まれない。そして、今回のバザーで驚いたことは、知らない国がこんなにも興味深い国であったことだ。ジブチとモーリタニアを知らなかった。早速地図を広げた。まだ見ぬ国・・・当たり前だけれど世界は沢山の国で成り立ち、沢山の人生がある、そう、沢山の人が生きている。そう思うと感慨深いものがこみ上げてくるのだ。

皆とつながっているのだ。皆をつなげてくれているのは空。空は途切れることがない。空をみて、愛する人を感じ、親友を感じ、友人を感じ、みんなを感じ・・・晴天に恵まれたカラヤン広場を後にして、スペイン坂を降りる。満開の桜と、何十台であろうか、外(ガイ)とかかれた外交官の車を横目にみながら、沢山の国を感じた。  来年もアラブを感じに六本木まで足を運ぼう。

来月は、横浜でアフリカ博がある。楽しみがまたひとつ始まる。

0 件のコメント: