4/21/2009

ベトナム。

なんだかしっくりこない。世の中の空気全てが肌にひんやりとする気がする。つり橋の上で不安定ながら、なんとか恐怖と隣り合わせになりながら、立つことができている、そんな気分である。できることなら、つり橋から降りたい。それが今の私の希望。でも、そう簡単には降ろしてくれない。それが世の中。

気分が乗らないのは天気が悪いせいなのか。気圧の問題かなぁ。でもきっと、酸素が後ちょっとで空になるからだろう。新鮮な空気を吸わないと人は曇ってくる。きっと、そうに違いない。もう少しで私も曇る。

同居人とベトナムに行くことにした。と言っても家の中でベトナムを感じるということである。冷蔵庫の残りものでクリームパスタを作り、それを食しながら、電気を消しプロジェクターで友人から借りた「水曜どうでしょう ベトナム編」をつけた。

アジアの雑踏が好きである。あの雑多な感じ。砂埃がすごくて、よくわからない臭いがたちこめて、なんで私はここにいるのか、なんで生きているのかなんて、そんな余分なことは一切考える隙間がない、あの忙しいのにゆっくりとした時間が流れる、あの感じが好きである。人が自分をどうみているかなんて考える必要もなく、私は右に行きたいから行くのよ、みたいな強行な感じも好きである。アジアでは私が今感じている、「肌にひんやりする感じ」、を味わうことは、ないのである。

そういえば、日本もアジアだった。

ベトナムは足を踏み入れたことはない。でも、気分は充分ベトナムであった。同居人とお腹が痛くなる位笑って、笑うことに疲れて最後のゴールを見逃して、眠いからもう歯磨きして寝ようか、みたいな感じで幕を閉じた一日。やっと一日を乗り越えた。

今日は小児のエネルギーを感じ、明日は早朝に迎えにきてくれる親友からエネルギーをもらい、夜は喫茶店でエネルギーをもらい、明後日は心の風邪をひいた人たちからエネルギーをもらい、久々に会う友人からエネルギーをもらい。

私の酸素ボンベはこれで満タンになるかもしれない。大きく深呼吸がしたい、それが今の私の希望。



0 件のコメント: