4/06/2009

ポリアンナ症候群

小さい頃、世界名作劇場を楽しみにしていた。
友人がこの本を読んでと渡してくれたのは、「しあわせなポリアンナ」

よく覚えている。不幸な境遇の少女が幸せゲームをして自分も周囲も幸せにしていき、最後には皆が幸せになるというお話である。

世間ではポリアンナ症候群と名づけて、あまりポリアンナに依存しないように忠告している。

「直面した問題の中に含まれる(微細な)良い部分だけを見て自己満足し、問題の解決にいたらないこと」「常に現状より悪い状況を想定して、そうなっていないことに満足し、上を見ようとしないこと」

そのようなことをポリアンナ症候群というらしい。

でも、生きていくひとつの術として時にはポリアンナ症候群になることも必要である。発想の転換は私の生きる上での強い味方である。

0 件のコメント: