3/22/2009

追記。

友人から恋の相談を受けた。否、相談ではなくきっと誰かに聞いてもらいたかったのだろう。葛藤の多い恋の話はとても長かった。こんなに大きな感情をひとり抱え込み生きている彼女を強い人だと思った。

貴方はこんな私をどう思うと、問いかけられた。
その時、私の頭には何もなかった。
だから、答えられなかった。

言葉に窮すると、相手は誤解するかもしれない。
けれども、適当な言葉は最後まで見つからなかった。

経験でものを言うことは簡単である。けれども、それに意味はあるのか?
彼女の求めている言葉はどちらであるのか。

今の恋に終止符を打ち、安心に包まれた時間と空間に戻ったほうがいいのよ。貴方には待っている人がいるでしょ。
それとも、
好きであるならば、仕方ないことよ。数学の証明のように物事は公式にあてはめて考えることはできないのよ。

彼女はどちらを求めて、長く打ち明けなかったその思いを人に話す気になったのだろうか。

次に彼女に逢ったときは、こう言おう。
「貴方があなたであるならば、あなたの思う人生を生きてほしい。」・・・と。

0 件のコメント: