3/24/2009

岡本太郎。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか


同居人と私の持っている本はちょこちょことかぶっている。その一冊がこれである。いつも持ち歩いているわけでも、手帳にメモしているわけでもないが、常に頭のどこかに岡本太郎の存在はある。久々に手に取り最初に何気なく開いたページから飛び込んできた文。

「人間には、自由という条件が必要だ。自由というのは、たんに気楽にやりたいことをやるのではない。そうではなくて、できるかぎり強烈な人生体験を生きるのが、自由の条件なのだ。。」

この本の最後の章はこう問いかける。
「あなたは何に燃えたいのか?」

0 件のコメント: