3/17/2009

春がくるというのに。

                                   オマーンで出会った花。

春が刻々と近づいている。季節の中で一番胸がときめく季節なはずなのに、花粉症のおかげでとても春に希望も期待も湧かない。なんだか、四季のある日本人に生まれてこれほど損をしていると感じたことはないように思う。    でも、ちゃんと帳尻があうようにできているのかもしれない。

春は、別れを受容して出会いに繋げる時期だったり、新たな人生のスタートだったり、人によって様々である。私には大きな変化はないが、それでも電車や街でその空気を感じる。頑張っている人をみると自分も頑張らなくてはと思う。だから、花粉症に嘆いてばかりいないで・・・・次の一歩を踏み出している人を感じて、春という季節を思う存分楽しもう。

0 件のコメント: