3/01/2009

頑張ることは素敵なこと。

友人からシンガポールに行くとのメールが送られてきた。彼女は私が尊敬する友人の一人である。大学を卒業後、看護学校に入学、5年間勤務後に、昔からの夢である建築関係の仕事に就くために建築事務所でインターンとしてキャリアを積み上げてきた友人である。そんな彼女とはとある検診センターで知り合い、もうかれこれ4年近くの月日が経過している。最後に逢ったのは、友人の結婚式であったように思う。

そんな、生きることに常に貪欲な彼女がシンガポールで働くというメールを送ってきたのは当然のような気がして、あまり驚くことはなかった。彼女が頑張っている姿を想像するとただそれだけで胸が高まり、約束されていない・・・とても不安定である未来が突如光を放つのである。

「遊びに行くわ。」とのメールを返信した。特に、頑張ってねとかそんな言葉は不要な気がしたから。

彼女の返信は、
「きっと貴方ならそんな返事をくれると思ってたのよ。お互い東京にいるときよりも逢えるかもね。」
そんなメールであった。

もう気分はシンガポールである。まだ見ぬ国を地図上で想像して楽しむ。これが至福の時である。きっと彼女とはいつかシンガポールのセントラルでお茶をして、「人生って、想像以上に素敵で、想像以上に可能性に溢れていて、頑張れば、思っていれば、叶っていくものなのね・・。」と話しているに違いない。

いつだって、友人に刺激をもらい私は生きている。

0 件のコメント: