2/20/2009


桜の季節がやってくるには、少し早い感じもするが、母と上野を散策していると、所々にあのなんとも可愛く、そして風が吹けば可憐な・・・そう、桜が咲いている。

南米とは違った、日本の真っ青な空に桜の色がよく映える。 皆、思いおもいのところ座り、桜と空のコラボを楽しんでいる。


桜は日本人の心と言う人もいるけれど、頷ける。桜が咲き、散る。その過程が人生とかぶる。妙心寺展の帰りだからだろうか。桜と禅の世界は切り離せないような、そんな感じがしたのである。

0 件のコメント: