2/25/2009

意外と・・。


意外となのか当然なのかよくわからないが、自分のことってあまり把握していない。だいぶ長い付き合いになるはずなのに、よくわからないことって多い。

自分にはどんな可能性が秘めているのか、いまだ考えてはにやっとする自分がいる。のと同時に本当は全ての可能性を使い果たした結果がこれなのではないかと猜疑心でいっぱいになることもある。

どちらかというと、勝気で負けず嫌いで、プライドばっかり高い私は、怒られて伸びるタイプであると信じていた。けれども、そんな思い込みは糸も簡単に崩れた。

私、褒められて笑顔をむけられて、更に頑張ろうと思うタイプだったらしい。

「うっかり・・・。」である。

さて、その事実に気づき思う存分褒められ笑顔を向けられたところで・・・頑張らなくては。






2/24/2009

単純に嬉しい。

友人が友人を紹介してくれた。それは、自分の現実である東京にいながらにして、どこか旅を思い出させるものであった。  

友人が自分の大事な友人達を紹介してくれたという事実が単純に嬉しく、
その友人達と溶け込めたことがまた嬉しく、
そんな時のお酒はいつも以上においしく、
そして案の定酔っ払い、
どこかに旅にでたくなった。

素敵な人に逢うと、なぜだか旅にでたくなる。
なんでだろうか?

きっと、それは旅をすることは出逢うということだからだろう。
久々に素敵な人たちに囲まれて、誰かに出逢いたいとそう思ったのだ。



言葉のひとり歩き。

自分の発言が自分の意図とは異なった捉え方をされて、困惑することがある。それは言葉が足りないとかそういう問題ではなく、きっと話す側と聴く側の生き方の異なりからくるのだろう。

言葉は自分が体内から外にむかって排出してしまった瞬間に自分のものではなくなるのかもしれない。それぐらいの覚悟が必要な時もあるのだろう。「口は災いの元」という諺がそれを明確に表しているように思う。

どうやら、私は3月31日に現在の仕事を辞め、4月から学校に行くらしい。友人にどうして教えてくれなかったのと問い詰められ、当の本人である私が一番困惑している。

確かに、夜勤の仕事はしんどくなったのでそろそろ昼間の仕事にもどそうかなぁとは考えていると誰かに話した記憶がある。     大学の編入試験に向けて勉強しているのも確かであるし、その話を誰かにした記憶もある。 けれども。それはまだ希望の段階であるのに、どうやら私の知らないところでそれは現実になっているようである。

言葉というものは、常にひとり歩きをするものであり気まぐれに戻ってきたかと思えばこんなんである。どこで道草をくってきたのやら・・・・。  言葉ってどうして行った道を道草せずにまっすぐ帰ってこれないのだろうか。そんなにリュックの荷物を増やしてどうなるの?そう言いたくなる。

まぁ、人の話題に上るくらいまだ皆のなかで私という人間に対するちょっとした興味はあるのね。と嬉しく思う位大きな人間にならなくてはいけない。

2/22/2009

妙心寺展

3月1日まで開催されている「妙心寺展」に母と行った。禅の世界については初心者であるが、禅は生きることにイコールされている・・・そういう意味では、もう30年以上禅と身近な位置にいるのかもしれない。

昨日のTVにフランスに嫁いだ人が出演していた。彼女は言う。「日本人にとってParisはとても華やかな印象を持っているかもしれない。確かに、どの風景を切り取っても絵になるような町並みである。けれども、庶民の暮らしは日本以上に質素で堅実である。  8年間住み、言葉も不自由しなくなってきていいこともあるけれど、聴こえなくていいもの、見えなくていいもの、そういうものに苦しむこともある。そして、日本がなんて素晴らしい国であり、そして・・・とても便利で住みやすい国であったか実感する。」

そういえば、こないだ新聞にでていた、カナダかどこかの新聞記者の女性の記事にもこんなことが書いてあった。「日本にくることに抵抗があった。それは日本がどんなに便利な国であるか聞いていたからだ。そして、現実に本当に便利な国であった。私はたった3ヶ月でその便利さにどっぷりと浸かってしまい、帰国後困ってしまったのである。」

最初に旅をしたとき、不便さに閉口した覚えがある。商店は早々と閉まる。7時を過ぎればどこも開いておらず、ちょっと何か欲しいと思っても明日まで我慢しなくてはいけない。土・日はどこも日本のオフィス街以上に閉まっている。無論ATMなど開いていない。  私はその事実に慣れるのにとても時間を要し、同じ失敗を繰り返しては、空腹と戦ったように思う。 お金はおろせない・・お店は閉まっている・・自動販売機はない・・・。   そして「定刻」という言葉はない。

けれども不思議なことに、慣れると不便さを感じない。何週間も旅をしていると特に問題ではなくなっているのである。 しかし、日本に帰国すると待ち構えているのは「便利」という二文字で溢れた空間。そして、すぐにその便利さの有り難味を忘れる自分。  この便利さが私を知らず知らずのうちに「せっかち」にさせていくのだろう。 電車に乗るのだって、昔は切符を購入した。並んで購入することだってしばしば。改札では切符をカチカチとさせてもらった。 そういう、ちょっとした待つという時間を全てCUTしてしまった日本。 日本人が待てない、そしてきれやすくなったのはこういう背景が少なからず影響しているのであろう。

妙心寺展に、昭和天皇の自筆で「無相」と書いた軸が飾られていた。その言葉にとても惹かれた。

「無にこそ価値があることを説く。人間はそもそも要求によって生きているのだから、その要求に価値があるかどうかは、いったん無を経験する必要がある。無を経験し、無を通過してみれば、本来の価値がどういうものかが見えてくる。このとき失望や落胆や絶望があるかもしれない。その危険がないとはいえない。けれどもむしろ失望や絶望が擦過するほうが、本当の価値が見えてくる。「絶望した私が私自身を救う」ということがある。」




無相について調べてみたら・・・
「無相とはどういう状態かということですが、相は特徴とか属性などという意味で、それが無なのですから、特徴がない、形態を備えていない、つまり、形あるものとして存在しない状態ということになります。 この世に存在する全てのものは、形あるものとして存在しないというのです。 ところで、相という字は目を通して木を見ているという象形文字で、こちらに目(自分)がいて、向こうに木が在るという二つの存在を必要とし、それは即ち、相対しているという状態を意味する言葉です。 こちらとあちらを分け隔てるものが存在していて、だから二つのものとして存在しているのです。 ところが、般若心経では、この世に存在する全てのものは空であり無相、即ち、対立が無い、分け隔てるものが無いと教えているのです。 自分を気の状態にして解き放っていると、他の存在も気としての存在として実感でき、即ち、相手の気も実感できるようになり、やがてそれらは一つのもの、対立の無い、分け隔ての無い一つの気として実感できてくるのです。」

2/21/2009

村上春樹

とても尊敬している作家であり、私が生きる上での教科書的な存在でもある村上春樹。彼がエルサレム賞を受賞したのである。今、私のなかで最も気になっている国である。だから、今回の彼の受賞は喜ばしく、そして現地でのスピーチの内容はとても考えさせられるものであった。





Last update - 22:56 17/02/2009
Always on the side of the egg
By Haruki Murakami
Tags: Israel News, Haruki Murakami
I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies. Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and military men tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling them. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be? My answer would be this: Namely, that by telling skillful lies - which is to say, by making up fictions that appear to be true - the novelist can bring a truth out to a new location and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth lies within us. This is an important qualification for making up good lies.
Advertisement
Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them. So let me tell you the truth. A fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came. The reason for this, of course, was the fierce battle that was raging in Gaza. The UN reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded Gaza City, many of them unarmed citizens - children and old people. Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. This is an impression, of course, that I would not wish to give. I do not approve of any war, and I do not support any nation. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott. Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me - and especially if they are warning me - "don't go there," "don't do that," I tend to want to "go there" and "do that." It's in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands. And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing. This is not to say that I am here to deliver a political message. To make judgments about right and wrong is one of the novelist's most important duties, of course. It is left to each writer, however, to decide upon the form in which he or she will convey those judgments to others. I myself prefer to transform them into stories - stories that tend toward the surreal. Which is why I do not intend to stand before you today delivering a direct political message. Please do, however, allow me to deliver one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: Rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this: "Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg." Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will decide. If there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be? What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high, solid wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor. This is not all, though. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: It is The System. The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others - coldly, efficiently, systematically. I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on The System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I fully believe it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness. My father died last year at the age of 90. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the war. He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him. My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important. I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong - and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others' souls and from the warmth we gain by joining souls together. Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow The System to exploit us. We must not allow The System to take on a life of its own. The System did not make us: We made The System. That is all I have to say to you. I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today.

2/20/2009


桜の季節がやってくるには、少し早い感じもするが、母と上野を散策していると、所々にあのなんとも可愛く、そして風が吹けば可憐な・・・そう、桜が咲いている。

南米とは違った、日本の真っ青な空に桜の色がよく映える。 皆、思いおもいのところ座り、桜と空のコラボを楽しんでいる。


桜は日本人の心と言う人もいるけれど、頷ける。桜が咲き、散る。その過程が人生とかぶる。妙心寺展の帰りだからだろうか。桜と禅の世界は切り離せないような、そんな感じがしたのである。

2/16/2009

花粉。

どうしたって、私は杉との共存ができない。
どうしたって、無理である。

人間とは何とも勝手な生き物であり、
寒ければ暑さを望み、暑ければ寒さを望む。

すっかり暖かくなった陽気を手放しで喜ぶことなど到底無理な話であり、それはなぜなら私が花粉症であるからだ。 既に両目は充血、耳閉塞感は否めず、倦怠感は著明。咽頭痛は出現するわで声までおかしい。おまけに偏頭痛は悪化の一途をたどっている。

集中力は散漫となり、全てに対してのやる気は阻害され、イライラ感だけは募っていく。

やっぱり、今年も花粉症に悩まされない場所に移動するんだったと後悔するも、手帳を開けば無情にも飛び込んでくるのは、びっしりと入った仕事・・・。

もう来年からは、花粉休暇を作ろうと・・・・本当に切実に思う。
後、どれくらいで杉はおとなしくしてくれるのだろうか。。。

2/14/2009

ZN

人の些細な発言が突然とても気になることがある。
たった一言なのに、なんだかとても悲しくなることがある。
いつもであれば、聞き流してしまうかもしれない位些細なことが、
胸にズンとくることがある。

それは、自分が今落ち着かない位置にいることの証明であるのか?
それとも、なんだろう。たまたまか。

よくわからないけれど、なんだか悲しい。 気にしないようにしようと言い聞かせればいいきかすほど、その言葉は自分に戻ってくる。 そして、その言葉の裏側に無断で入りこんでしまう。

なんで、こんなにたった一言が胸にズンときたのだろうか。

きっとそれは、こうやって自分も人にたいしてズンとさせてしまう言葉を無意識に言ってしまっているのだろうなという漠然とした不安からくるものであろう。 そう思うと、全ての辻褄があう。

心理士の同僚が言っていた。精神の分析家は、自分も分析をされる必要があると。 人から、自分自身を分析されることほどの恐怖はない。けれども、人から客観的にいわれることで自分という人間が成長していくのだろう。

見えないものをあえて見る勇気が必要である。
そう思いながら、やっぱりあの一言が胸にズンとくるのである。

2/13/2009

パレスチナ・ガザ地区

以前旅で出逢ったエメラルドグリーンの目をした彼。
彼はイスラエル在住。

私は、ポーランドを訪れそしてあの悲しみの地の土を踏んだ。
レールは悲しみを語っていた。そのレールは今、彼らの悲しみをどこに運び続けているのだろうか。

彼と連絡がつかない今。新聞やNEWSが私に彼を思い出させるのである。
「イスラエル」・・・・。


目白にある「パレスチナ子供のキャンペーン」という特定非営利活動法人から頼んでいたハガキが送られてきた。同封されていたのは、ガザ地区の現状(被害状況)である。

2008年12月27日~2009年1月19日
死者 1314人(うち子供が412人) 負傷者 5300人(うち1858人)
食料・医療・水・電気・ガス・ガソリン・・・・全てが足りないのである。

私にできること、それは周囲にこの事実を伝えること。
まずは、絵ハガキを友人に送りそしてここに書いていくこと。

そして、なんの疑いもなく明日はくると思って生きている今に「感謝」すること。

2/12/2009

民主主義とは?







登山の哲学。

☆まずは荷物は最小限
☆いつ助け合わなければいけないかわからないから、喧嘩はしない
☆みんな良いところがあり、役割があるのだから、人の悪口は言わない
☆自分が持つものはそれぞれが自由に判断すること


英文学者 永川玲二
彼は「言語、肌の色を区別しても基本は人間である。」と話す。
Sevillaに住み、この登山の哲学を大事にしていたとか。

たまたま、Sevillaの本を開いていたら出会ったことば。
登山は得意ではないが、何度かしたことがある。
自ら行った記憶はないが、学校の遠足で行った。
大人になってからは、添乗の仕事で行った。

ふと思った。

登山が学校の遠足であったのは、
成長する過程においてこういうことを学ばせるためであったのだろう。

ずっと誘われている登山。
今度そんなお誘いがあったら、ちょっと考えてみようかなぁ。

2/10/2009

ecoかばん。


近所に買い物に出掛けるときはこの鞄を持っていく。裏にあるパン屋さんに行くときも、勿論この鞄をもっていく。パン屋さんに緑の鞄の人と覚えられているようで・・・「久々にその鞄をみたわ」と嬉しそうに言われた。人の記憶の中に自分がいるというのはなんだか幸せなことである。いつも一言、二言しか会話をしないけれど、eco鞄がこんな作用を生むのかと思うと、地球に対するほんの少しの思いが人との繋がりを与えてくれたことにあぁ、こういうことなんだなぁと思う。いろんな思いやりや優しさがほんの少しずつ重なりあうことで、また生まれる優しい気持ち。その貯金で私の人生は成り立っていて、なんとか頑張って前に進んでいけるのだろう。

かばん。


美容院、仏語教室、お気に入りの鞄屋・・・が恵比寿にある。


ずっと休んでいた仏語を再開することにした。
その教室は、お気に入りの鞄屋さんを少し行った所にある。
まだ時間があったので鞄屋さんに入った。
一点物の革の鞄が所狭しと置かれた店内はいつ来ても、素敵な鞄であふれている。

購入するつもりはなかったのだが、素敵だなと手に取った瞬間その鞄に心奪われる。 決して、お財布の紐を簡単にとけるような値段ではない。けれども、奪われた心はそう簡単に戻らない。

このお店で最初に購入した鞄は旅でいつも一緒であった。
次に購入したお財布はいつでも一緒である。

革の変化が、自分の人生とLinkする。
革の色、汚れ、それが味に変化するように、自分も変化していきたい。

歳を重ねることで味わえるものって絶対にあると信じている。
その歳にしか味わえないものだって絶対にあると信じている。

革の奥深さは人生の奥深さと重なるように思うのである。
お財布の紐を恐るおそるとき、私はその鞄を購入した。

購入してから一週間、色も変化しだした。硬かった皮も柔らかくなってきた。傷もついた。 1年後、3年後・・・私が歳を重ねる度、この鞄も歳を重ねる。 御互いにどんな味がだせるか。今から楽しみである。



2/08/2009

おめでとう。

赤ちゃんは欲しくないと言っていた友人。
赤ちゃんが欲しくて仕方ないと、不妊治療をしていた友人。
赤ちゃんはきっとできないし、特に欲しくないと言う友人。

そんな友人たちのもとにどうやらコウノトリがやってきたようである。
自分の中にもうひとつの生命が宿るというのは、どういうことなのだろうか。

私には想像すら難しい。

でも、友人たちの声と笑顔がどれだけコウノトリの存在が素敵なことか、
全てを語っている気がする。

おめでとう。

2/07/2009

短いけど、長い一日。


なんだかとてつもなく長い長い夢をみた。起きてから暫くは夢が現実が考えてしまうほどリアルな夢であった。なんだろうか。とても怖い夢であったわけでもない。かといって、楽しい夢であったわけでもない。ただただ、淡々と現実のような日常が繰り返されている・・・そんな夢であった。


どれだけ、長いこと眠っていたのだろうか。こんなに寝たのは1年ぶりといっても大げさではないほど、久々の長い眠りであった。

目覚めると、携帯の充電が切れていたようで時間は見れず、壁の時計は電池が切れていたことを思い出し、少しの間時間がわからず途方にくれていた。  外は明るい。どうやらお昼はすぎていることはわかる。でも何時なんだろう?


そうだ、携帯を充電すればいいのかとやっと気づき充電器に差し込むとなんと「14:08」であった。眠ったのはAM1:30であったからざっと13時間程度眠ったことになる。

せっかくのお休みはすでに半分過ぎ去ってしまったらしい・・・なんだかおかしくなってきた。そんなに睡眠を欲していた自分にも驚いたし、そんなに夢をみていたことにも驚いたし、とにかくなんだかおかしかったのである。
この後をどう過ごそうかと考えた。このまま、また眠れるだけ眠るのもいいように思ったけれど、やらなくてはいけないことも山積みであることを思い出す。


外の空気も少しは吸おうかと考えた瞬間、窓を叩きつける風の音に、今日は家からでないと自分に宣言した。

少しばかり、部屋を片付けて新聞を読み、図書館の本をひろげてみたけれど、どうやら今日は読書の気分ではないようですぐに閉じた。

外はいつのまにか真っ暗になり、部屋も薄暗くなる。電気スタンドを同居人から勝手に拝借して、送られてきた課題に取り掛かることにした。「Suicide 」がテーマであり、なんだか気分が暗くなってきたところで、友人から電話がかかってきた。 滅多に鳴らない電話はほぼ彼女の着信で埋め尽くされている。そんな彼女とひとしきり話し、最後に誕生日の間をとってこれからは4月1日に誕生日会を開催しようと決め、なんだか楽しい気分で電話は終了したのである。

そういえば、4月1日ってエイプリフールだねと笑って電話を切ったそんな日が素敵である。

2/04/2009

Life.Always life. 生きることを、常に生きることを。

どうしても友人の誕生日プレゼントはそのお店で購入したかった。
だから、仕事帰りに吉祥寺に降りたった。けれども、まだAM10:00・・・そのお店の開店まで1時間もある。ふらっと寄ってしまったのは本屋。思考回路が落ちる直前の眠い目をこすって行ってはいけないところ・・・それは本屋である。結局入ってしまい、図書館の読みかけの本が頭を掠めるも・・・4冊もの本を購入してしまう。いつもの通り、財布は軽くなり、荷物は重くなる。

大好きな作家、レイモンド・カーヴァーの本を購入したため、その本を一刻も早く開きたい衝動に駆られる。こんな時はあの喫茶店がいい。モーニングとしてはランチ並に高いが、美味しい珈琲が飲めて自然を感じながらJAZZの微かな音に身をまかせ、彼の本を広げられるのはここしかないのである。

今日は一番乗りであった。そんな事実がなんだか嬉しい。

彼は人生において重要なのは「愛・死・夢・望み、成長、自分自身の、そして他人の限界と折り合いをつけること。」と言う。

そう、私の人生において重要なのは、他人の限界と折り合いをつけて、自分と他人の限界の境界線、いわば国境ラインに立ち、行ったり来たりしながら生きることである。けれども、なかなか限界と折り合いをつけるというのは険しい道のりである。だから、時々彼の世界に浸るのである。

さて、そろそろお店が開く。彼女に一番似合うものを探しにいかなくては。


2/02/2009

笑い方で人間がわかる。

人生を考えるヒント―ニーチェの言葉から (新潮選書)



父の書斎から見つけたこの本。パラパラしてみると惹かれる言葉がちょこちょこ目についたので拝借。

「女性がどんなふうに、どんなときに笑うか、それは彼女の育ちと教養を示す目印である。笑う声の響きのなかに、彼女の本性が現れる。」

確かに、いろいろな笑い方がある。顔も声も異なるのであるのだからそれは当然なのかもしれない。
けれども、ニーチェはそんな当たり前の事実をわざわざ確認したかったわけでも説きたかったわけでもないのだろう。

友人の笑い方、見知らぬ人の笑い方、自分の笑い方。
確かに、私にとって心地よい笑いかたというものは存在する。

その時の置かれている環境で大きく異なるかもしれないが、
私は、微笑みかけられることが好きである。

見えないなにかで守られているような気がするから。

人に無条件の安心と優しさが伝染するような、そんな笑い方ができるといいのだけど、 それにはまず、内面の汚れを落として磨かなくてはいけない。

この本は全ての章が私の生きるテーマとなるかもしれない。
・・ということで、当分拝借しようと思ったがどうやら図書館の本のようだ・・・。

2/01/2009

Enoteca D'oro

イタリアを旅した時の思い出で一番鮮明なのはジェノバでの出来事。なぜかジェノバのYHは高台の頂上にあった。途中まではなんとも不思議なエレベータで行けるのである。坂をひたすら上がらなくてもいい、なんとも優れもののエレベータであるが、なんだか遊園地のようだった。岩の中をエレベータで上がるというのは・・・。


しかし、途中でその画期的なエレベータは終わってしまう。そしてその先はBUSである。このBUSが問題である。イタリアを旅して困ったこと・・・というかどこの国も次の停車駅のアナウンスがないのである。ものすごく観光地とされているところはあるのだが、ここにはなかった。だからBUSに乗ったところでどこで降りればいいのかがさっぱりわからないのである。


隣にいたおじいちゃんに聞いてみた。勿論、イタリア語なんてわからないので地図を片手に必死でYHの名前を繰り返しただけであるが。でもそれで充分通じた・・・というか大きなリュックを背負い、このBUSでどこかに行きたいといえば大抵がYHだという予想ができるようである。


そのおじちゃんはSiと繰りかえしながらBUSに一緒に乗り込んだ。そしておじちゃんは途中で降りた。その降り際に運転手に何か叫んでいた。その叫びを聞いた他の乗客も気にしてくれていたのだろう。YHの近くの停留所に着いた途端、乗客の皆が一斉にここだよと教えてくれた。そして一人のおじちゃんはYHまで連れて行ってくれたのである。


それから、私はジェノバが大好きになった。旅が好きな理由はこういうことである。この優しさが積み重ねられていくたびに、悲しいことなど消されていき、更に旅が好きになる。


イタリアで旅したのは、ローマ・ジェノバ・ナポリ・ポンペイ・・・他は行かなかった。

私は、ジェノバとポンペイで充分とイタリアを感じた。ピザはポンペイで毎日食べていた皆が薦めるピザである。釜で焼いてくれるそのピザは今まで食べたピザの中で一番美味しかったように思う。そして、近所の商店のおじちゃんが趣味で作っているWINEは本当に美味しかったのである。



そんな思い出が、喫茶店の友人が連れて行ってくれた、半蔵門のEnoteca D'oroで美味しい料理と美味しいWINEを頂いたことで蘇ってきたのである。

私の旅はとても貧乏な旅なのでイタリアの料理やWINEなど本場で堪能できたわけではない。けれども、いろんなことを思い出した。WINEを飲むのは大好きであるが、知識なんて全くない。でも匂いが私をあの時に戻してくれるのである。