1/03/2009

2009年という年。


2009年が始まった。この時期にひとつだけ好きなこと。それは「年賀状」である。年賀状は友人たちを同時に感じられる素敵なハガキである。この制度を考えた人に感謝。そして、私の周囲の人たちが年賀状派であることに感謝である。

同居人の姉、つまりは私の親友が遊びにきた。忘年会は同居人の料理を楽しんだので、新年会は私の料理でもてなすことにした。

豚と卵の角煮 ご飯 納豆・きのこ汁
オリーブとパプリカとほうれん草のサラダ
えびとしめじの茶碗蒸し
そして、同居人の彼からの差し入れの
鰹とかにとしゃぶしゃぶ用の牛を冷蔵庫で発見。
急遽、それらも追加。
随分と豪華な新年会となった。

久々に、一緒に行った旅の写真を見た。
時々、挟まっている動画は更に懐かしさを上昇させる。
「思い出は宝物」・・そんな言葉を聞いたことがあるが、本当である。
あの時の記憶で、今も幸せになれる私たち。
あの時に共有した時間は「モモ」にでてくる時間泥棒だって盗めないはず。

私たち、旅にでる。
わかっていることは、旅にでるということだけ。
その楽しみだけで、当分は生きていける。

0 件のコメント: