1/23/2009

ガール。

ガール


早朝より母から電話があった。
腰を痛めて動けないので来てほしいとのこと。
実家に帰ることにした・・といっても同じ都内であるが。

家事を終えて暇となったので、弟の本棚を物色すると奥田英朗の本が並んでいた。 本の帯の「さ、いっちょ真面目に働きますか。」が目にとまりこの本を手にとった。

このての本はあまり読むことはないのだけれど、最近なんだか自分がため息をつくことも、 周囲のため息を聞くことも多いように思う。 だから、読んでみようと思った。

気分を変えるために働いている違う畑の仕事も、
最近はなんだかしっくりこない。
そして思う。

働くってこういうことよね。

最近の唯一の避難場所は塾である。
勉強をしている時の自分が一番精神的に落ち着いている。



0 件のコメント: