7/30/2008

商店街。

商店街が好きである。
自己満足であるけれど、魚は魚屋。野菜は八百屋。消しゴムは文具屋。
豆腐は豆腐屋・・・・そんな風に決めている。

お店の人とのほんのちょっとの会話が好きである。
そして、そこの街での自分の位置を確認する。

お世話になった人に甚平を贈ろうと思い商店街の呉服屋さんに立ち寄った。親子3代で営む呉服屋さんは優しい空気が流れている。椅子に座り、ひとしきり会話を楽しみ甚平を購入して帰宅した。

実家の近くに古本屋さんがある。ちょっと気の弱そうな・・それでいてこだわりは人一倍ありそうなそんな感じの店主はいつも大音量でラジオをつけている。どうやら、客がくると小さくするようだ。ドアを開けると途端にラジオが聞こえなくなり、店主の独り言が聞こえ始める。何を話しているのかはさっぱりわからないが。
芸術・哲学・工学の本を扱うこの古本屋で「ユリイカ」と「ガウディ讃歌」を購入した。

母と近くの台湾料理店に行き、台湾に行きたいねと話しながら夕ご飯を食べ散歩をして帰宅。唯一冷房がある弟の部屋でちょっとばかしくつろいだ。さて、仕事に行こうかなぁ。

0 件のコメント: