3/08/2008

現代アートについて。


時計が逆様で、キャンバスが全て青くて、キャンバスが全て白くて、赤・青・白のドラム缶がおおきな部屋に無造作に置いてあって、その中にレシートが入っていて。


つまりは、全てが現代artに成り得るのである。それは・・・・、岡本太郎ではないが人生はartであるということの証拠ではないだろうか。


                               

自分がなぜ現代artを好むのか?そこに自由を感じるから?そこに生きることの意味がつまっているような気がするから?


現代artには自分の生きる上での喜怒哀楽が表現されているように思う。


そんなことをFrankfurtのモダンアート美術館(Museum für Moderne Kunst)で考えた。





0 件のコメント: